『ジョン・ウィック:コンセクエンス』の評価とネタバレ感想!ひどいつまらないみんなの評判は?

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
『ジョン・ウィック:コンセクエンス』の評価とネタバレ感想!ひどいつまらないみんなの評判は?

『ジョン・ウィック:コンセクエンス』を実際に観た感想を述べ、作品の評価をさせていただきます!

面白いのか・面白くないのか、視聴した人はどんな感想や評判なのかも気になるので調査しましたよ。

この記事の内容
  • 『ジョン・ウィック:コンセクエンス』の評価
  • 『ジョン・ウィック:コンセクエンス』を観たネタバレ感想!つまらない?面白い?
  • 『ジョン・ウィック:コンセクエンス』のみんなの口コミや評判

ジョン・ウィック4作目は、『殺し屋をもう辞める → 亡くなった妻が残した愛犬が殺される → 殺し屋の大物に復讐 → 殺し屋界から狙われる』という内容。

殺し屋同士のアクションが最後まで続く派手な作品でした!

ウラン

4作目のジョン・ウィックどんな話になるのか楽しみな人も多かったはず!ラストシーンがまさかああなるとは。

もくじ

『ジョン・ウィック:コンセクエンス』のネタバレ感想と評価レビュー

当サイトの評価 4.2

『ジョン・ウィック:コンセクエンス』の感想を率直に申し上げると、全編通してほぼアクション!スケールデカすぎでした。

ジョン・ウィックが、最強なのはもちろん、ケインも良かったです!

個人的な感想は以下です。

面白かった点
  • 派手すぎるアクションが最高!
  • ジョン・ウィックがめちゃくちゃ強くて優しい
いまいちだった点
  • 展開がごちゃごちゃしすぎている
  • 日本の描かれ方が違和感しかない

上から順に1つずつ感想を述べていきますね!

派手すぎるアクションが最高!

『ジョン・ウィック:コンセクエンス』は、全編がほぼアクションシーンで構成されていました。

ナイフや銃火器での殺人シーンが次から次へと登場します。殺し方も素早く、丁寧で残酷です!

殺し屋が集まると、あんな風に職人のこだわりが光り輝く始末の仕方になるんだな〜としみじみ見ていました。でも、度々目を伏せたくなるようような殺し方があり、R15指定も納得でした!

派手なアクションシーンではないですが、トラッカーのワンちゃんが闘いに参加していて、階段で倒れた殺し屋の股間に襲いかかる場面が好き(笑)

大阪での血みどろバトルも良かったけど、パリでの闘いがめちゃくちゃ良かった!サクレクレール寺院での決闘に遅らせるためかパリ中の殺し屋がジョン・ウィックに襲い掛かり…

もう何人殺したか、何人殺しに来たか全く分からずある意味ゾンビ映画状態!ジョン・ウィックは、独自の戦法でパリの殺し屋たちをしばき回していましたね。

でも、神聖な決闘のハズが開始時刻に遅らせて処刑扱いで終わらせようとする主席連合汚い!

ウラン

血しぶきが凄いから苦手な人は、閲覧注意かも。

ジョン・ウィックがめちゃくちゃ強くて優しい

コンチネンタルホテル利用し放題なくらい最強なジョン・ウィックですが、彼の強さはただ無機質なだけではなく、そこが大好きです。

最強の殺し屋って、無慈悲で無機質な印象が強いですがジョン・ウィックは真逆!表情こそ変わりませんが、心の中には熱いものを持っています!

愛犬を奪われ復讐を誓ったジョン・ウィックですから心優しき男であることは、間違いありません。今回の『ジョン・ウィック:コンセクエンス』でも強さ優しさは健在でケインを想う気持ちにグッときました。

ウラン

ジョン・ウィックは、形ないものを1番大切にしていますよね。

ケインから娘を奪わないために芝居を打ったり、トラッカーのワンちゃんを助けたり…奪われる悲しみを知っているジョン・ウィックらしい行動です。

でも、なかなかできないことだし超かっこいいけど、ジョン・ウィック自身の悲しみが滲み出ていました。

トラッカーもはじめから敵ではあるけど、どちらかといえば、ジョン・ウィック側の人間だからワンちゃん助けてもらって感謝のあまり仲間になっていてそこも良かった!

ウラン

愛犬家は、犬助けてもらったらなんでもしますからね!

展開がごちゃごちゃしすぎている。

『ジョン・ウィック:コンセクエンス』は、展開が目まぐるしく変わっていくのでついて行くのがかなり大変でした!

冒頭の不穏な雰囲気の時には、のんびり鑑賞できていたのですが、ジョン・ウィックが出てきたら場面が急に派手になり、バッチバチのアクションが始まります。

目を離してしまうと、今何してるか分からなくなります。場面は同じなんです!大体殺し合いしてるんで…(笑)

殺し合いの舞台が、大阪やらパリやらコロコロ変わるのでどこの誰がいつ始末されたか、誰と誰が何のために闘いをしているのかよく見ていないとアレ?ってなります。

作品自体も長いので、あまりに多い似たような戦闘シーンに少し飽きてきたりという残念ポイントもありました。

ウラン

全部めちゃくちゃ激しいので激しさに慣れた頃に1度長いな…と思ってしまいました。

でも、シマヅの大阪でのバトルシーンは日本人の真田広之が演じていることもあり、サムライ感が凄くかっこいい。渋くて、厳かな佇まい素敵でした。

シマヅ、超物静かなのに大阪コンチネンタルホテル経営してるって凄い。計り知れない男なんですよね。

後半は、世界中の殺し屋がジョン・ウィック狙いすぎてパリくらいから魑魅魍魎合戦、敵も味方もごちゃごちゃでカオス状態(笑)

最終的には、てんこ盛り全部乗せみたいなことなってましたが、まぁ勢いがあって何とか乗り切ってました!

ウラン

シマヅ・コウジと娘アキラは見どころですよね!

日本の描かれ方が違和感しかない

海外作品あるあるなんですが、毎回日本おかしすぎ。『ジョン・ウィック:コンセクエンス』も例外ではありませんでした!

大阪コンチネンタルホテルは、ネオンギラギラでガラス張りの謎の空間になっていたし、切り絵みたいな透明な和柄障子?パネル?が等間隔に並ぶテクノな部屋があったり…

ウラン

日本を勘違いしてるよ!!

大阪の様子、実際には外観も内装も海外の建物を使って撮影されたみたいなんで中の装飾品だけ「THE海外のみんなが思う日本みたいなやつ」を集めて正直、オシャレな秘宝館みたいになってました(笑)

どうして外国の作品は、どれも日本をネオンギラギラ、忍者、和柄、刀…なんだろう。日本は、一生江戸だと思われてる?

ヤバい時には謎の漢字が書いた提灯出てきますよね。そうなるともう内容は頭に入らず、怪しい日本の雰囲気だけが強く記憶に残ります。

1つ良かった所は、ガラス張りの部屋と特殊部隊はマッチしていて近未来感あってカッコよかった。

ウラン

いつか日本のことが上手く伝わりますように。(切実)

『ジョン・ウィック:コンセクエンス』のみんなの感想・評判

『ジョン・ウィック:コンセクエンス』を見た世の中の人たちはどんな感想を持ったのか、感想や評判を紹介していきたいと思います。

『面白かった』『面白くなかった』という感想に分けて紹介していきますね。

面白い!という口コミ感想

アクションがカッコよかった!

『ジョン・ウィック:コンセクエンス』の激しすぎるアクションにたくさんの良い口コミがありました!ほとんどがアクションシーンのため、好きな人には刺さりまくりだったみたいですね。

ウラン

刀って武器として現代では、ありえないけど見るとかっこいいですよね。

犬好きからの熱い支持!

ジョン・ウィックの犬愛、トラッカーの愛犬の賢さかわいさに良さを感じた人続出でした!

劇中に出てきた犬が酷い目に遭わないか、幸せでいるか気になっている人めちゃくちゃいました。

ウラン

私もトラッカーの愛犬がかわいくて大注目でしたよ〜

ひどい・つまらない!という口コミ感想

『ジョン・ウィック:コンセクエンス』は面白くない、つまらないという感想はほとんどありませんでした!

一部声が上がっていた感想について紹介しますね。

日本ってこんなんだっけ?

やっぱり日本の描かれ方、気になりますよね!海外の求めるクールジャパンも度を越すとおもちゃの国みたいになりますよね。

日本は、そんなにギラギラしていない…(笑)

ウラン

海外から見たら日本って独特な文化なんだな~というのがよく分かりました。

感想・評価のまとめ

この記事では『ジョン・ウィック:コンセクエンス』のレビュー、感想について紹介しました。

シリーズ4作目となる『ジョン・ウィック:コンセクエンス』でしたが、ラストシーンがこれで終わりなのか…実は続くのか気になりました。

ジョン・ウィックどう考えても毎回死んでそうなのに絶対死んでないから今回のお墓には何か別の意味がありそうな気もします。

アキラもシマヅの敵討ちに行きましたが、アキラじゃケインは倒せなそうだし

続編あるのか、どうなのか期待しています!

もくじ