実写映画『ゴールデンカムイ』の評価とネタバレ感想!ひどいつまらないみんなの評判は?

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
実写映画『ゴールデンカムイ』の評価とネタバレ感想!ひどいつまらないみんなの評判は?

実写映画『ゴールデンカムイ』を実際に観た感想を述べ、ネタバレありで作品の評価をさせていただきます!

どんな点が面白いのか、鑑賞した人はどんな感想や評判なのかも気になるので調査しました。

この記事の内容
  • 『ゴールデンカムイ』実写版の評価
  • ゴールデンカムイ』実写版を観たネタバレ感想!つまらない?面白い?
  • 『ゴールデンカムイ』実写版のみんなの口コミや評判

漫画やアニメが実写化される映画は話題にはなるものの面白いものは少なく、『ゴールデンカムイ』も気になっていた人が多かったと思います!

キャスト発表時に「実写化やめろ」と炎上しましたね笑。

ウラン

2回映画館で観ましたが、すっかりお気に入り作品となりました!原作を読んでいなくても、凄く面白かったですし、私は北海道出身なのでアイヌとの馴染みもありより楽しめました。

監督のロケ地などへのこだわり、キャスティングのよさ、アクションシーン、ストーリー展開などあらゆる点がとてもよかったです!

もくじ

実写映画『ゴールデンカムイ』のネタバレ感想と評価レビュー

当サイトの評価 4.5

『ゴールデンカムイ』の映画の感想を率直に言いますと、凄く面白かったです!

原作やアニメは見ていませんでしたが、問題なく映画を楽しめました。

個人的な感想は以下です。

面白かった点
  • 迫力満点のダイナミックなシーン
  • 食事の時のほっこりとした面白さ
  • アシㇼパの可愛らしさと賢さ
  • 配役とキャスト俳優がいい感じ
ウラン

イマイチだった点は特に感じる事なく、評価も満点に近いです!

上から順に1つずつ感想を述べていきますね!

迫力満点のダイナミックなシーン

まずは、大雪原や川の水からは寒さと冷たさが伝わってきます。

杉元と白石が川に落ちるシーンは、2人のガクブルな様子からも過酷な撮影だった事がわかります。

演技を意識せずとも、自然と震えが止まらなかったのでは?と思いました。

印象的なのは、ヒグマとの戦いは迫力満点で、ヒグマが立ち上がるとより怖さが増していました。

このヒグマはフルCGだそうですが、馬などより難易度が高かったそうです。本物にしか見えないヒグマは、かなりクオリティが高いと思います!

ウラン

VFXやCGを担当したのは日本でも最強クラスのモデリングカフェ、というところなんです!

そして、後半の捕らえられていた杉元を助けにきたアシㇼパとのシーンです。

馬ソリを巧みに操るアシㇼパと、ソリに飛び乗り戦う杉元、このシーンもハラハラドキドキでした!

食事の時のほっこりとした面白さ

この作品で、ほっこりと思わず笑ってしまうのは、食に関してですね。

和人の杉元と、アイヌ民族のアシㇼパではそもそも食の文化が違うのです。アイヌの人たちは、生き物たちの生態にも詳しくそれらが身についています。

何度も出てくるのが「オソマ(うんこ)」です。(笑)

ウラン

杉元が持ち歩いている味噌を、アシㇼパはオソマだと言い信じられないという顔で嫌そうにするのです。

そんなアシㇼパも、無理やり椀にオソマを入れられ、しばし自分と格闘?したのち、オソマおいしい!となりました。

また、アイヌの人々は熊はもちろん捕えた生き物たちは余さず調理します。

アシㇼパが、木々に罠を仕掛けていき杉元が何をするためか聞くと「リスだ」と、アシㇼパはその仕掛けを説明します。

杉元が「リス、好きなんだけど‥」と言うと、アシㇼパも「わたしもリスは好きだ」と言います。

これは、同じ好きでも杉元は可愛い動物として、アシㇼパは食べ物としてなんです。(笑)リスは、木の実の味がほんのりして美味しいそうです。

そして、肉を叩いて調理する時は「チタタㇷ゚、チタタㇷ゚」と言いながらみんなでするという事に意味があります。

杉元もよくわからないような顔をしながらも「チタタㇷ゚、チタタㇷ゚」!

いただく前には、感謝の意を込めて「ヒンナヒンナ」

他にも、「杉元、おまえは客だから食べていいぞ」と、カワウソの頭の丸ごと煮を目の前に突き出されて、しばし固まる杉元もなんとも言えない表情をしています。

私も、出されたら戸惑うでしょうし食べる勇気がありません。(笑)

これらのアイヌ料理の再現にも、かなり工夫したそうで細かなところまでの拘りを感じます。

ウラン

カワウソの頭‥は無理としても、感謝の意を込めて余さず食す事はいいことですね!

アシㇼパの可愛らしさと賢さ

山田杏奈さん演じるアイヌの少女アシㇼパは、アイヌの方達が手縫いで作った衣装を着用しています。

この衣装は、コスプレイヤーの人たちも作ったり、お子さんに手作りしている方もいるほど人気。

アシㇼパは、可愛いだけではなく狩りで培った戦闘にも優れています。

また、反射神経もよく咄嗟の判断や行動力も優れており、また知恵の面では杉元も一目を置いているようです。

アシㇼパは、純粋無垢の一面も持っていると私は思います。

原作より年齢を上げ、小柄に見えるようにしたそうです。

そして、今作において原作やアニメのキャラクターとのイメージとピッタリのキャストの1人とも言えますね。

ウラン

杉元とアシㇼパのコンビは、なかなかの組み合わせだと思いました!

配役とキャスト俳優がいい感じ

映画『ゴールデンカムイ』の面白さの要素として、キャスティングも大きいと思います。

完成度が高いキャストが多く、演技力はもちろんの事、身体作り、特殊メイクなどにも注目です!

  • 杉元佐一 :山﨑賢人
  • アシㇼパ :山田杏奈
  • 尾形百之助 : 眞栄田郷敦
  • 月島基 :工藤阿須加
  • 二階堂浩平 / 洋平 :柳俊太郎
  • 寅次 :泉澤祐希
  • 白石由竹 :矢本悠馬
  • 玉井芳蔵 :山内圭哉
  • 和田光示 :堀部圭亮
  • 谷垣源次郎 :大谷亮平
  • 牛山辰馬 :勝矢
  • 梅子 :高畑充希
  • 笠原勘次郎 :島津健太郎
  • 岡田文夫 :成松修
  • 野間直明 :青木健
  • 前山一夫 :松嶋健太
  • 三島剣之助 :濱正悟
  • 塩谷武郎 :野崎亨類
  • 菊池清高 :竜二
  • 永倉新八 :木場勝己
  • フチ :大方斐紗子
  • 大叔父 :秋辺デボ
  • 後藤竹千代 :マキタスポーツ
  • ウイルク :井浦新
  • 鶴見篤四郎 :玉木宏
  • 土方歳三 :舘ひろし

主役の山﨑賢人さんは、数々の実写映画に出演していますが、今作品においては10kg体重を増やしたそうです。

そのアクションも評価されていて、まさしく決め台詞の「俺は不死身の杉元だ!!」がピッタリですね!

また、その反対に体重を20kg落としたのは、勝矢さんです。

勝矢さんは、牛島の役をやりたかったそうで念願叶い嬉しかったとどこかの記事で読みました。

ウラン

原作者の野田サトルさんが実写化で嬉しかったのは、谷垣源次郎役が大谷亮平さんに決まったと聞き写真を見て、眉毛がそっくりで思わず笑ってしまったそうです。(笑)

柳俊太郎さんの、双子の二階堂浩平と洋平は原作ファンの中でも、かなり再現度が高いと評価されています。

私が凄いと思ったのは、鶴見篤四郎役の玉木宏さんです。

あの特殊メイクは、より狂気を増し不気味でその演技も、さすが玉木宏!と惹きつけられました!

頭蓋骨を吹っ飛ばされ、興奮?すると脳汁が出てくるのも怖かったです。

ウラン

玉木宏さんは、狂気溢れる鶴見を見事に怪演していて、やはり凄い役者さんだと思います!

実写映画『ゴールデンカムイ』のみんなの感想・評判

『ゴールデンカムイ』を見た世の中の人たちはどんな感想を持ったのか、感想や評判を紹介していきたいと思います。

今作品は、面白くないという口コミはほぼありませんでしたので、ここでは面白かった

面白い!という口コミ感想

面白いという口コミは、圧倒的に多いです。

非常に満足感が高い、という印象ですね!

キャストが最高!

ウラン

本当にキャストは豪華、そしてピッタリで再現度バツグンです!

食事シーンは美味しくてほっこり面白い

ウラン

食事シーンは美味しそうで面白く、これも映画に欠かせないですね!

アクションシーンが凄い!

ウラン

見応えあるアクションシーンの評価も高いですね!

原作ファンの声

ウラン

原作ファンも、納得の実写化です!

感想・評価のまとめ

実写映画『ゴールデンカムイ』は、私のように原作を見ていなくても楽しめます。

そして、原作ファンの人たちにも評価の高い作品です。

役者さんたちの素晴らしさはもちろん、監督の北海道ロケなどの拘り、手織りの衣装、CGや特殊メイク、小道具やアイヌ料理の再現は凄いと思います!

個人的には、可能ならIMAXレーザーで観ていただきたいです。

音、画面の美しさ、雪と川を下流から映し出すシーンは、スクリーンから飛び出してくるかのようでした。

普通のスクリーンでも充分楽しめますが、臨場感あふれるIMAX、オススメです!

続編がありそうな終わり方だったので、それも今から楽しみでたまりません。

もくじ